■ ドクターストップ

あちこち (http://d.hatena.ne.jp/sivad/20080527/p1#c1211892155 とか http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/fuku33/20080528/1211937952 とか) みていて、fuku33 さんの思考・判断メカニズムに重大かつ深刻なエラーが発生していることを認識した。いやまあ、 その女子学生は実はいなかった とか 福知山線脱線事故は自然災害 とかいいはじめた時点で、すでに尋常の状態でない気配はただよわせていたのだけれども。

これは強制的に介入しないとさすがにまずいだろう、との素人判断で、当該の授業を運営しているとおぼしき団体に連絡してみた。

日時: 2008年5月28日 22:31
題名: 教員の方のネット上でのトラブルについて
内容: ◆学部非常勤講師の●さんというかたが、ネット上で、受講生の提出物を公開して、騒ぎを引き起こしているようです。

経過と状況は、 http://d.hatena.ne.jp/Rir6/20080525/1211664691 http://d.hatena.ne.jp/fuku33/20080522/1211444127 をご覧ください。私としては、特に●さんに対して何かの対応をとるように要求するつもりはないのですが、この件ではもはや大学も当事者であると思いますので、いちおうお知らせいたします。

なお、私のこの騒動に関わっている身であることを申し添えます。

文中、◆と●は、組織名・人名を伏字にしたもの。実際に送ったメールでは、もちろんちゃんと当該組織と当該人物の名前が書いてある。最後の行の「私の」は、「私も」を打ちまちがえたものである。それにしても、「騒動に関わっている」といいながら、「騒ぎを引き起こしているようです」って。こういう無責任な文章はいかがなものかと思うが、あまりのことに、私の執筆メカニズムにもエラーが生じていたようである。「騒ぎを引き起こしています」と書くべきであった。送ってしまったものはもうしかたないが、申し訳ない。

このあとすぐに自動応答メールを受信。今朝 (2008年5月29日 9:22) 担当のかたから連絡をいただいた (内容は公開しない)。あとは責任者の判断にまかせるしかない。

希望的観測としては、「このエントリはフィクションです。実際の授業とは関係ありません」というハッピーエンドになるとよいと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«■ 大学教員の文化