« ■ フォークロアとWIPOに関する文献探索 | トップページ | ■ Google Scholar の表示形式変更 »

■ 「先住民たちの現在」

『月刊言語』 (大修館書店) で「先住民たちの現在」というリレー連載をやっているのに気づいて、目をとおしてみた。参考になったものを2本あげておく。

まず、アリュートル (Alutor) に関する報告。

現在、アリュートルの人たちはロシアの学校に通ってロシア語で教育を受け、日常生活でもロシア語を使っている。住居も食事も衣服もロシア式で、ロシア人のようにパンを食べ、紅茶を飲み、衣料品も食料もほとんどを商店で買っている。仕事も小学校の教師だったり看護師だったり技師だったりとさまざまで、伝統的な生業についている人はまれである。……

……

しかしそうした中でも、最近は少数民族の文化を評価する動きも出てきている。とくに民芸品や民族舞踊は現金収入に直結することもあり、若い世代のあいだでも人気が高い。……

このように、祭りや民族舞踊は若い世代にも比較的よく継承されている。しかしアリュートル語が現在おかれている状況はたいへん厳しい。アリュートル語の最も若い話し手はおそらく40歳前後であろう。小さな子供をもつ若い世代はロシア語が母語となっていて、アリュートル語が話せない。つまり子供たちがアリュートル語を習得していない。40歳というと、少数言語の話し手としてはずいぶん若いようにも思えるが、この地域に住む先住民族の男性の平均寿命がおよそ40歳であることを考えると、かなり危機的な状況にあるといえよう。

永山 ゆかり (2005) 「先住民たちの現在 3: アリュートル語を話す人々」『月刊言語』34(3): 16-19 <ISSN:0287-1696>. (…… は引用者による省略)

こういう話なら、フォークロアの権利というものを設定しておく目的はよくわかる (是非はともかく)。消滅しつつある文化をのこしていこうとするなら、その文化をうけつぐことが金もうけにむすびつくしくみをつくるのが手っとりばやい。そのために、その文化の継承者にフォークロアの独占をみとめるのは、合理的な手段といえる。アリュートルの人々にそれがみとめられているかどうかさだかでないが。

しかし、それは文化のうちで売りものになる部分にしか効かない。だからきわめて限定的な方法でしかない、というのも厳然たる事実である。

もうひとつ、indigenous ということばについて。

アイリッシュ海のほぼ中央に位置するイギリス王室保護領マン島では、近年、「先住民 (indigenous people)」という言葉が使われるようになっている。独自の言語を保持することが「先住民」の最も重要な特徴の一つだとすれば、現在マン島「先住民」なるものが存在するというのは奇妙に聞こえるかもしれない。なぜなら、最後の母語話者が亡くなった1974年に、マン語(島喚ケルト語ゴイデリック語派)は、「死滅言語」と見なされたからである。……

ここ3, 40年、マン島では、人口が大幅に増加している。人口は、1961年には20世紀初頭以来最少の47,166人だったが、2001年には76,315人になった。これは、出生率の上昇等による自然増加ではなく、島外からの移住者の流入によってもたらされた。マン島政府の企業誘致政策によりタックス・ヘイブンとなった同島は、金融センターとして急成長を遂げ、経済発展に伴い、特にイングランドから多くの人々が移り住んだ。この結果、マン島生まれの比率は次第に低下し、1961年には67.2%だったが、1991年には過半数を割り、2001年には48.0%となった。

こうしたなか、1990年代半ば頃から、マン島議会「ティンワルド」の審議において、ナショナリスト議員が「先住民」という言葉を頻繁に用いるようになった。ここでいう「先住民」とは、マン島出身者のことで、「新住民 (new resident)」と呼ばれる島外からの移住者と対置されている。審議では、富裕な「新住民」と低所得の「先住民」との間の経済格差が指摘され、金融セクターへの支援を重視する政府の政策が批判された。……

……

……国連が1993年を「世界先住民年」と定めるなど、世界の「先住民」が注目されるなか、ナショナリストは、後からやって来た人々よりも先にある土地に住んでいる「先住民」に日を向けたと思われる。さらに、政府が優遇する豊かな「新住民」と政府に見捨てられた貧しい「先住民」を対比することで、彼らは、外来者によって抑圧・差別される弱者という「先住民」のイメージをマン島出身者に重ねようとしたと考えられる。そして、ナショナリストの批判に反論するマン島政府も、「先住民」・「新住民」という言葉を用いているため、排外的言説が再生産される結果となっている。

松尾 有希子 (2006) 「先住民たちの現在 13: マン語を話す人々」『月刊言語』35(1): 104-107 <ISSN:0287-1696>. (…… は引用者による省略。文中の漢数字を算用数字におきかえた)

要するに、

  • その土地において、相対的にふるくから住んでいる人々のカテゴリーで
  • あたらしくやってきた人々にくらべて冷遇されている

という程度の定義でいいんだろうか。

|

« ■ フォークロアとWIPOに関する文献探索 | トップページ | ■ Google Scholar の表示形式変更 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 「先住民たちの現在」:

« ■ フォークロアとWIPOに関する文献探索 | トップページ | ■ Google Scholar の表示形式変更 »